【良書】究極の英語学習法 はじめてのK/Hシステム

同時通訳のエキスパートの両名が書かれた本。同時通訳の訓練法を英語学習に取り入れ感覚的に英語をマスターするための勉強の仕方が紹介されている。

3年前にアルクから出版された本で、レビューをみて気になっていたが、なかなか読む機会がなかった。今回あるきっかけで読んでみたが、評判通りなかなかの良書だった。

私自身の英語勉強法を振り返ってみると、この本に書かれていることに通ずるものが多く、英語学習者が試行錯誤して上達していく中で、この本を参考にすれば試行錯誤の期間を幾分か短縮できるのではないかと思った次第。

英語学習は結局は地道な努力の積み重ねなのだが、その努力の方向性が間違っていると挫折してしまう。わたしはたまたま海外勤務という、挫折できない環境があったので試行錯誤しながら軌道修正して英語をマスターできたのだが、普通(日本にいて)英語を必ずしも必要としない環境下では、英語学習の努力の方向性が間違っていると容易に挫折してしまうだろう。

そういう意味では、本書は英語学習者の間違った努力による挫折を未然に防ぐために、正しい努力の方向性の指針になる良書だと思う。

この本のやり方が決してすべてではないが、海外で長年仕事をしてきた自分として、試行錯誤しながら会得してきたものが多く書かれており、この本を読んで少しでも多くの日本人英語学習者の努力が報われ、英語学習の挫折者が減ることを望んでいる。

シェアする

フォローする