【おすすめ良書】村上式シンプル英語勉強法

米国のグーグルの副社長、日本法人の社長をされていた、村上さんの英語勉強法です。

国内メーカーから外資系企業に転職されたなかで実践によって生み出された英語の勉強法は、ムダなことはやらず、大切なことだけに絞って徹底してやるスタイルで、至ってシンプルな英語勉強法となっています。

その日からすぐ実践できる内容ばかりなので、著者が実際にやってこられた勉強法をすぐに真似することができます。主な対象は、社会人ですが、学生さんにもおすすめできる内容です。私個人としては、特に、英語の勉強をやっているが伸び悩んでいる学生さんや、ビジネスパーソンにぜひとも読んでほしい本です。

英語をモノにするために大切なこととして、以下の5項目を挙げられています。これらの5項目を、著者の紹介する具体的な方法で実践すれば、英語力は飛躍的に向上するでしょう。

1.英語を読む
2.単語を覚える
3.英語を聴く
4.英語を書く
5.英語を話す

例えば、村上さんが最初に本書で述べられているような「英語の読み方」、意外とこれが出来てない人が多いと感じています。私自身も最初出来ておらず、その時期は上達が遅かった覚えがあります。

ある程度ビジネスの現場で必要に迫られて英語の勉強をやっていると自然に身に付くものなのですが、英語力が伸びないと悩んでいる方の多くが依然として間違った読み方で勉強されているようです。この理由は定かではありませんが、恐らく長年の学校英語のクセがついているためか、必要に迫られた経験がない人が多いからではないかと思われます。

本書は150ページと短い文章ですが、村上さんメソッドを実践する上で必要なことはしっかりと書かれているので、多くの気づきが得られ、すぐに実行に移すことができます。

特に、英語を真面目に勉強している割に上達が遅いと伸び悩んでいる人におススメの書です。

文庫本も出ているようです。

本書は、まったくの英語初心者を対象にしているのではなく、最低でも中学英語の基礎ができているレベルが前提でのお話になっています。

もし、基礎が出来ていないと、「英語を読む」ところからつまづいてしまうので、基礎に自身のない人は、まずは当サイト等を活用して、中学、できれば高校レベルの英語の基礎をマスターしてから「村上さんメソッド」を実践されることをおすすめします。

シェアする

フォローする